【新規事業/取り組みアイデア】中央競馬業界×人工知能(自然言語処理)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、中央競馬業界×人工知能(自然言語処理)です。

■なんで新規アイデア考えてるの?
新規アイデア作成のためのシートの公開もしています

新規アイデア作成シートとルール

では以下今日のアイデアです。

—————————————————–

【市場整理】

まずは市場規模の推移から。

売得金額として、1998年頃は4兆円あったものがその後急減し、現在は回復傾向で、約2兆5000億円程度となっている。

 

SnapCrab_NoName_2016-6-20_11-36-15_No-00

出所 :JRA「成長推移」

http://company.jra.jp/0000/gaiyo/g_22/g_22.html

 

また、開催場入場人員としては以下となっており、600万人強となっている。

 

SnapCrab_NoName_2016-6-20_12-12-26_No-00

出所 :JRA「成長推移」

http://company.jra.jp/0000/gaiyo/g_22/g_22.html

 

次に、競馬に関するアンケート調査を調べてみた。

競馬の潜在ターゲット層における、競馬に対するイメージや意識を把握するという目的でジャストリサーチサービスが行ったリサーチによると、競馬を含むギャンブルとの比較のためコレスポンデンス分析がされており、競馬はレジャーとして楽しむ、おしゃれ、みんなで楽しむ、予想が当たらなくても楽しい等、レジャー要素が強いポジショニングがされていることが分かる。

 

以下にあげる公営競技/公営くじ/遊戯について、あなたはどんなイメージをお持ちですか。それぞれについてあてはまると思うものを全てお答えください。(各MA)

SnapCrab_NoName_2016-6-20_11-37-13_No-00

出所 :ジャストリサーチサービス(2014)「競馬競馬に関する調査」

http://www.just-research.co.jp/pdf/20140901S.pdf

 

また、性別、馬券購入経験有無別の意識調査によると、競馬のスタートからゴールまでの経過を知りたい、好きな馬や騎手を応援したい、予想する過程を楽しみたい、血統や歴代の名馬などのドラマチックな要素に憧れる、競馬は競馬場で生で見たい、といったところが挙げられている。

上記に比して、あくまでも収支をプラスにすることが目的だ、という層は少なく、先のポジショニングと同様、競馬は賭け事という要素以上に、感性的な部分が重視されており、レジャーとして楽しむ要素が大きいことが見てとれる。

 

あなたは競馬に対してどのようなお考えをお持ちですか。以下の項目それぞれについて、あなたご自身にあてはまる場合は「はい」、そうでなければ「いいえ」でお答えください。(各SA)

SnapCrab_NoName_2016-6-20_11-37-29_No-00

出所 :ジャストリサーチサービス(2014)「競馬競馬に関する調査」

http://www.just-research.co.jp/pdf/20140901S.pdf

 

また、馬券の購入経路の認知、実際の購入経路、購入意向を示したものが以下となる。インターネット、特にスマホやガラケーで購入が可能であることを知っている層はまだまだ少なく、実際に購入している人たちも少ないことが見てとれる。ただ、今後はインターネットで購入したいという意向も一定あることが分かる。

 

勝馬投票券(馬券)の購入方法・場所として、①あなたがご存知の購入方法・場所、②あなたが購入したことがある方法・場所、③あなたが今後(も)、勝馬投票券(馬券)を購入したいと思う方法・場所をそれぞれお答えください。(各SA)

SnapCrab_NoName_2016-6-20_11-37-33_No-00

出所 :ジャストリサーチサービス(2014)「競馬競馬に関する調査」

http://www.just-research.co.jp/pdf/20140901S.pdf

 

以上のことから、今日のアイデアを考えてみた。

【ターゲット】

・競馬をレジャーとして楽しみたい生活者

【対象企業】

・JRA及びJRA広報担当企業

【アイデア内容】

・馬や騎手のファン化、レジャー要素を更に後押しするためのレコメンドエンジン

【ビジネス詳細】

・馬券をそもそも賭け事の対象となるものから、競馬を生で見るための「入場チケット・応援チケット」という位置づけの見せ方にて、ユーザーに販売していくことをまず念頭に置く

・webサイト及びスマフォアプリで馬券購入を推奨する際に、単に賭け事要素としてのオッズや馬の情報を提供するのではなく、当該ユーザーが好きそう/応援したくなりそうな騎手や馬をレコメンドするエンジンを開発する

・そのために、馬券を購入するユーザーの属性データ、馬や騎手の好み(馬であれば、馬体の色、馬体重、性格、戦歴、血統(●●系など)、父馬・母馬の戦歴、厩舎での生活エピソード、担当のコメント等を掲載した上で好き嫌いを選択してもらう)を入力してもらっておく

・馬や騎手の基礎的なデータは、JRAが保有していることを想定

・定期的にレコメンドを行い、オススメ馬や騎手を掲示して、またその都度好き嫌いを選択させ、教師データを蓄積し、精度をあげていく仕組みとする

・今回のテーマである自然言語処理はエピーソードや担当のコメントといったところで活用

【効用/解決する課題】

・JRAとして:賭け事として売上を上げる形から、よりレジャーとしての位置づけとして収益化を狙う、購入経路のネットを活性化させ購入を促進する

・ユーザーとして:これまで以上に自分が応援したくなる馬や騎手に出会うことができる

【インプット/教師データ】

・ユーザー属性及び好みのデータ(教師データ)

—————————————————–

今日は以上です。

※30分~1時間程度での思考訓練のための記事ですので、厳密性にはこだわっていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。