【新規事業/取り組みアイデア】OTC医薬品(一般用医薬品、通称「市販薬」)業界×人工知能(自然言語処理)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は、OTC医薬品(一般用医薬品、通称「市販薬」)業界×人工知能(自然言語処理)です。

■なんで新規アイデア考えてるの?
新規アイデア作成のためのシートの公開もしています

新規アイデア作成シートとルール

では以下今日のアイデアです。

—————————————————–

【市場整理】

まずは市場規模から。富士経済によると、2015年は6266億円の見込みとなっており、微増となっている。

2009年から市場としては縮小が続いていたものの、景気回復及び、高機能、高付加価値、高価格帯製品の需要増加、大型スイッチOTCの浸透、花粉飛散量の増加による鼻炎治療剤(内服)や点鼻薬の急拡大などにより、5年ぶりに市場が拡大した状況とのこと。

SnapCrab_NoName_2016-8-4_9-8-27_No-00
出所 :富士経済(2015)「国内一般用医薬品市場を総合分析」

http://www.group.fuji-keizai.co.jp/press/pdf/150925_15086.pdf

 

次に、市販薬(かぜ薬決め打ちで)購入におけるアンケートを見てみると、

かぜの症状全般に効くこと、価格、即効性、特定の症状に効くこと、眠くなりにくいこと、

といった点が重視されていることが分かる。

 

市販のかぜ薬について、購入する際に重視する点をお選びください

2

出所 :インターワイヤード(2015)「「かぜ薬」に関するアンケート」

http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2015/150225/

 

ただ、このような重視点がある一方、効き目や眠くなりにくいといったものは、

見た目では分からず体験してみないと分からず、

また口コミサイトも充実していないため、事前に把握して利用することが難しい状況かと思われる。

 

ということでまたシンプルですが、今日のアイデア。

 

【ターゲット】

・かぜ薬の効能、副作用の客観的評価を知った上で薬を選びたい生活者

【対象企業】

・ランキングサイト運営者

【アイデア内容】

・かぜ薬のソーシャル口コミ分析及びランキングサイト

【ビジネス詳細】

・Twitterのつぶやきを分析し、薬のブランドごとに何が言われていて、どの要素が強いのかを洗い出し、ブランド間で比較

・方法論のもう少し詳しいところは前回の記事と同様

【新規事業/取り組みアイデア】ふりかけ業界×人工知能(自然言語処理)

【効用/解決する課題】

・生活者:事前に評判の良い薬が分かる

【分析方法】

・一般的なテキストマイニング(なので、人工知能ではない)

—————————————————–

今日は以上です。

※30分~1時間程度での思考訓練のための記事ですので、厳密性にはこだわっていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。